耐震屋根工事

屋根専門会社・オガサからの地震対策提案 南海トラフ大地震は必ず来る!

阪神淡路大震災での死因の原因は80%以上が圧死・窒息死(特に多い)・焼死でした。地震時即死や直後に亡くなった方は思いの外少なく、多くは瓦礫(がれき)の下で数時間生きていました。
しかし、その後肺の圧迫から生き絶えたり、生存していた方もその直後の火災で逃げることが出来なくて亡くなっています。

また、記憶に新しい熊本地震でも大半の方が圧死や窒息死で亡くなっています。

東日本大震災後、高知は津波対策が重視され、阪神・淡路大震災で学んだ家屋倒壊対策は二番手になっているところもあります。
瞬時の全倒壊さえしなければ、逃げることができ、生き延びる事ができた命がたくさんあった事実が分かりました。
けがをしていない家族が挟まれて逃げることができないところを津波や火災が容赦なく襲い、
それに為す術もないことは余りにも悲し過ぎます。
長年住み続けた家に潰されること無く、逆に家の最後は住民の命を救う位でないと考えます。

ところが、十分な耐震工事をできない方、またはその重要性を知らない方が高知にはまだまだたくさんいます。古いことは仕方がないとして、まずは瞬時の倒壊を避け、とにかく逃げることさえできる家にしていき、圧死や窒息死を絶対に避けられる家が必要です。
地震発生時は、瓦屋根の重みによる被害が多く発生しています。(瓦の重さは、一般住宅の場合4,000~6,000kg)
地震の際に建物の"揺れが大きくなる""倒壊""土瓦落下"の危険性があります。
さらに土瓦の重さにより家がゆがみ、引き戸などの建て付けが悪くなります。

オガサは軽くて強い金属屋根を
「強く」推奨します。

金属屋根(ガルバリウム)は、一般的な瓦屋根のわずか約10~7分の1。
だから、柱や基礎への負担が少なく、耐震性が抜群に向上します。

屋根材別の重さ比較
屋根材別の重さ比較
屋根材別の重さによる 重心位置と地震による揺れの違い
屋根材別の重さによる 重心位置と地震による揺れの違い

地震対策と暑さ対策が
同時に出来る屋根

1/7の超軽量化で家屋の被災を激減
瓦屋根に比べて約1/7の重量で大幅な軽量化を実現しました。地震時の揺れを軽減でき、倒壊の防止にも繋がります。そして割れや崩れなどが起こらず屋根の損壊も減少されるので、地震発生時の瓦落下による通行人への危険が減らすことが可能です。

猛暑時の室内温度を約マイナス6℃可能な遮熱効果
断熱材で防げなかった、暑さの最大要因である輻射熱を99%反射させることで、屋根裏面温度上昇を15%軽減。また、屋内での体感温度を6℃下げることで、熱中症対策、光熱費削減できます。震災時(避難場所)での熱中症という2次災害に対しても防止効果を発揮します。

短納期と施工効率アップで工期を30%短縮
自社製造なので納期はわずか1週間!施工からその後のアフターサービスまで一括して行う事で、工期も30%短縮できます。

気になるメンテナンス

商品にキズやへこみ・浮きなどがないかお客様自身で年に1回程度の目視確認を行ってください。気になる不具合を発見した場合は早めに当社にご相談ください。当社は『施工責任保証(10年間)』を行っております。
5年に1回程度の当社の定期点検を実施していただくことをお勧めしております(費用はお客様負担)。30年程度で表面状態を確認の上、塗り替えを検討ください。50年程度が当製品の標準使用期間となります。

金属屋根と瓦屋根の 重さと揺れ比較実験

同じ屋根面積、同じ躯体構造で屋根の重さのみが
違う模型を作り、地震を想定した揺れを与えてみました。

施工事例

補助金を使ってぜひ耐震工事を!

耐震補強が目的の屋根リフォームは、補助金が適用される場合があります。細かな条件などがありますので、申請すれば必ず受給できるというわけではありませんが、当社で屋根リフォームをしたお客さまの中にも補助金を活用した方もいらっしゃいますので、まずは、お気軽にご相談ください。

耐震屋根工事の
料金の目安
¥1,600,000~(税別)/戸

オガサ製工スタッフが建物を調査いたします。