住宅のコロニアル屋根雨漏り修繕工事

約1年前に、2階のコロニアル屋根をカバーさせていただいたお客様で、引き続き1階の屋根カバーもご依頼いただきました。

屋根全面を板金で覆うカバー工法で修理することにより、コスト削減と工期短縮ができ、早急に雨漏りを修理することが出来ます。

お客様の困りごと

1階も雨漏りしているので前回に引き続き、1階屋根も修理してほしいです。

解決策のご提案

既存屋根を残したまま、上から新規屋根を被せるカバー工法での施工をご提案致しました。解体工事の必要が無いので、コスト削減と工期短縮に繋がり、スピーディーに雨漏り対策が行えます。

お客様の声

無事雨漏りも止まりました。ありがとうございました。

工事概要

施工場所 高知県高知市
施工方法 カバー工法
既存屋根 コロニアル平板瓦
使用材料 ガルバリウム鋼板 厚0.4m/m
施工期間 約2日間
施工前

施工前

施工後

施工後

施工の流れ

施工前

軒先木下地取付

片面接着ルーフィング敷き

横葺き施工

雨樋新設

完成

料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ
料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ