瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

平屋住宅屋根の瓦から金属屋根へ葺き替え工事です。

弊社の施工事例をご覧になってご依頼いただきました。
築40年のご自宅の雨漏りに奮闘していた様子が伝わってきました。
長尺屋根搬入が難しい為、定尺かんたん横葺きをご提案。遮熱、遮音も兼ね備えた屋根が完成!すごく馴染んで、ご近所からも「いいね!」をいただきました。

瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

お客様の要望・工事のきっかけ

長年、あちらこちらから雨漏りし、そのたびに屋根裏に上がって受け物を置いて対応していました。屋根にも上がって棟部分等にシールを打つなど処置を続けてきましたが、止まらず・・・
親が住んでいた建物で築40年以上経っていたので、もう限界だと感じて知り合いにも聞いてみましたが良い業者にめぐり合えず。
困っていたところ、ネット検索でオガサ製工を発見。オガサ製工の施工事例等を見て連絡をしました。

解決策のご提案

見た目には、ズレたり酷く割れたりしている所はありませんでしたが、瓦自体の表面の塗装が剥げて、雨水が浸み込んでもおかしくない状況でした。
既存の瓦を撤去して、新しく軽量の金属屋根への葺き直しをご提案。ただし、長尺の屋根は搬入が難しい為、定尺のかんたん横葺きを選定しました。かんたん横葺きは、標準の塗装よりも耐候性の高い塗装をしている屋根材で、裏面に断熱材が貼っている商材です。
音の心配とコストをおさえる事を考えて、野地板の間に遮音ボード12mmの敷きこみをご提案。

お客様の声

瓦から金属の屋根に変えて、音のことが気になっていましたが、まったく気にならず、また、定尺の商材ということで継ぎ目がどうなるか気にしていましたが、仕上がりを見るとこちらもまったく気になりません。
見た感じも良く、色も馴染んでおり良かったです。
近隣の方の評判も良く、大変満足です。

工事概要

施工場所 高知県高知市
工法 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
使用材 遮音ボード12mm・ゴムアスファルトルーフィング・かんたん横葺き耐摩カラー
既存屋根 和型セメント瓦
施工期間 約2週間

見た目では分かりづらいですが下の防水フェルトがかなり劣化しています。何とかして雨漏りを止めようと努力されていた様子です。

定尺の横葺きで感じも良く仕上がりました。最初から金属屋根だったように建物にしっかり馴染んでいます。
銀黒色も良かったです!

施工の流れ

着工前全景 
既存屋根和型セメント瓦葺き

施工前天井裏状況
あちらこちらから雨漏りをしている状況

既存瓦撤去
瓦を撤去したら防水のフェルトが劣化でほぼ無い状態

遮音の為、シージングボードを野地板の上に敷込み
N50釘で留め付け

シージングボード敷込み

シージングボード上にゴムアスファルトルーフィング敷き、長いステプルで留付け

長尺屋根の搬入ができず日鉄住金鋼板の定尺かんたん横葺き。割付して見た目を考慮し施工

棟包み用金属下地取付

棟取付及び施工完了

料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ
料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ