高知県高知市、一般新築住宅の屋根工事

高知市内にある新築住宅の屋根工事を行いました。
                             
変形地に合わせて建物を作っているので屋根も変形しており、雨漏りしやすい形状になっていたので状況に合わせた工法で屋根工事を行いました。

工事のポイント

屋根の傾斜が緩く雨水が集中する谷がある形状だったので、金属屋根の下に敷く防水シートを下地合板と接着する商品にしました。また、谷部分には段差を付けて防水性を高めた施工を行いました。

工務店様の声

いつも雨漏りに対してどう納めていくのかの提案や施工をしていただいているので安心して任せられます。今後ともよろしくお願いします。

工事概要

施工場所 高知県高知市
施工方法 立てハゼ葺き
使用材料 ガルバリウム鋼板 厚0.4m/m 色:KS95H 銀黒
施工期間 約2日間

施工の流れ

仮で敷いていたルーフィングを一部撤去

谷樋部の下地を一部撤去

谷樋部、片面接着ルーフィング敷き

谷樋取付

全体に片面接着ルーフィング敷き

吊り子取付

立てハゼ葺き

ハゼ部を専用工具で締め込み

完成

料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ
料金表はこちら
はじめての方へ
お問い合わせ